OPEN
CLOSE

OFFICIAL SNS

CupNoodle

LOADING
CM一覧

CM

NEW

HUNGRY DAYS ワンピース ゾロ 篇

30秒
15秒
企画意図

2019年。カップヌードルは、すべての青春を応援する。その青さが、熱量が、いつだって時代を前に進めてきたから。

第1弾はワンピース ゾロの青春。
もしも、ワンピースの登場人物が、この現代で、同じ高校で、学生生活を送っていたら?そんな「もしも」を描く、ワンピースのパラレル・ワールド。青くて、アツい、冒険の夜明けがやってくる。

HUNGRY DAYS アオハルかよ。

ストーリー

剣道部に所属する高校生、ゾロ17才。
彼は全国大会で、同じ高校の先輩、ミホークに大敗してしまう。それ以来、授業中も、休み時間も、放課後も、剣道だけに打ち込むゾロ。
「青春なんていらない」「約束したんだ」
ゾロの部屋には、幼き日のゾロとくいなの写真がある。季節が変わろうとも、竹刀を振り続けるゾロ。空に竹刀を突き上げ誓う。
「もう二度と、負けねえから」
そして、その誓いを聞いていた生徒が・・・

撮影秘話

もしも、ワンピースの登場人物がひとつの同じ高校に通っていたら?
膨大なワンピースの世界が、ひとつの高校に収まるはずはありませんが、登場人物ひとりひとりまで、こだわって制作しました。思わぬところに、HUNGRY DAYSなワンピースの世界が広がっているので、ぜひ細部まで楽しんでもらえればと、思います。

NEW

HUNGRY DAYS 2019 予告篇

30秒
企画意図

2019年。カップヌードルは、すべての青春を応援する。その青さが、熱量が、いつだって時代を前に進めてきたから。

HUNGRY DAYS アオハルかよ。

カップヌードル コッテリーナイスCM 「体に気を使ってこそロック 篇」

60秒
30秒
15秒
企画意図

通常のカップヌードルと比べて糖質・脂質が50%オフ、コッテリなのに176kcalの「カップヌードル コッテリーナイス」。今回、新たな取り組みとして、テレビCMの制作を広告会社ではなく、ユニークなプロモーションで知られる人気ロックバンドの“マキシマム ザ ホルモン”に依頼しました。コッテリを愛する彼らに、出演や楽曲の提供だけでなく企画段階からCM制作を担当していただき、長年ファンを唸らせてきた独創的な発想力を存分に発揮していただきました。

ストーリー

アンダーグラウンドな空間。
そこで繰り広げられる「マキシマム ザ ホルモン」のコッテリ濃厚なライブ。熱狂的かつハードに盛り上がる会場を埋め尽くす観客たち。 しかし彼らは皆、スーツだったり、ネクタイを締めていたりとおおよそライブには似つかわしくない異様な姿。そう、ここに集まった観客たちこそ、日々身体を気遣いつつも、コッテリ味の誘惑に負けてしまう不摂生な生活を送る人々なのであった。
病気で身体を壊して以降、体質改善をし健康に気を使うようになったマキシマムザ亮君。ホルモンの演奏と観客達によって声高に叫ばれる「身体への気遣い」。 さあ一緒に「これからのコッテリスープの話をしよう」。

撮影秘話

集まったエキストラは総勢約850名。
しかもそのほとんどが熱狂的な「マキシマム ザ ホルモン」のファン。そのため会場はメンバー登場前から熱気が渦巻く、異様な空間に。その熱気に押され、当初は「当て振り」の予定だったメンバーも一部、生演奏に切り替えることに。 そして始まった撮影のまさに最初のテイクで、盛り上がり過ぎたエキストラの圧に耐えきれず、柵が破壊! いきなり30分の撮影中断に。まさにホルモンのライブさながらのアンダーグラウンドでハードな撮影となりました。
その後、今回のCMで使用する新曲「ハングリープライド」の発表に、会場の興奮はピークへ。
長時間の撮影にもかかわらず、ホルモンメンバーによる演奏、MCで最初から最後まで駆け抜けるような撮影となりました。